RのGAライブラリ 初歩的でわかりやすい

最適化 / メタヒューリスティック

ここでは、GAの中身はわかっているとして、R言語の’GA’というライブラリの使い方をやっていこうと思います。

Rでは、GAというパッケージを使います。Rをターミナルで開いて、
でインストールしましょう。
RのGAのパッケージはタイプがちゃんとバイナリと実数型と順列型の3つが用意されています。
使い方はこの辺に書いてあります。
↓パッケージGAの使い方
が、以外とわかりにくいので簡単な例題から書いていこうと思います。
長くなるので、コード自体は、[次の記事]に書いておきます。
また、jupyter notebookで書いたファイルも置いておきました。
ファイルは[ここ]です。

Rでのjupyter notebookのインストールの仕方は、以下です。Rをターミナルから起動して、

でいけると思います。
jupyterに割とわかりやすく書いたので参考文献もみながら、GAの使い方を理解してください。
今回は以上です。


[
前の記事へ]  [最適化/進化計算の目次へ]  [次の記事へ]