非圧縮性流体

運動量保存則

引き続き、流体の運動量保存則とはどのようなものになるかを考えていきます。

前回同様、面積力を\(f_{s_i} \)、体積力を\(f_{v_i} \)として、運動量保存則は以下のように書けるのでし ...

非圧縮性流体

運動量保存則

引き続き、流体の運動量保存則とはどのようなものになるかを考えていきます。

まずは、どういった力が他にありそうかを考えます。通常で考えると、重力や圧力、粘性で働く摩擦などがありそうです。いったん、移 ...

非圧縮性流体

運動量保存則

前回の質量保存則を考えた時と同様に、流体の運動量保存則とはどのようなものになるかを考えていきます。

 

またしても上のような座標と微小体積を考えます。

この微小体 ...

非圧縮性流体

考えるべき流体の規模

まず、流体の質量保存則とはどういったものになるかを考えてみます。一番シンプルなものは、下のようなものでしょう。

室内を考えたときに、入ってくる量と出て行く量が等しい。これが、一番シンプルに ...

非圧縮性流体

層流と乱流

まず、流体を学ぶ前に、流体とは何かから行きましょう。端的に言えば、流体とは気体と液体です。流れるもの、それが流体です。流体力学の何よりも面白いのは、気体と液体という物質の挙動が、同じ方程式で表されて、その通りに ...

量子計算

材料の量子化学シミュレーションの一つ、フロンティア軌道論に基づく理論計算は相当熱い分野だと思う。良医s計算計算に幾らかの化学的近似を加えたり、一番反応しやすい軌道に計算を絞るなどして、第一原理計算では到底無理な、有機物などの構造・性質 ...

量子計算

材料の量子シミュレーションの一つ、第一原理計算は相当熱い分野だと思う。ものすごく計算時間のかかる計算だが、量子コンピューターも実用化されつつあり、複雑な材料の性質を計算できて、新材料発見ができる日も近い。量子力学の知識があることを前提 ...

非圧縮性流体

前回、かなり雑にやってしまった、時間項の離散化をしっかりとTaylor展開を使ってやっていこうと思います。

前回、こんな感じで近似する3通りが考えられるといったと思います。それぞれ、名前としてはこんな感じです。

最適化 / メタヒューリスティック

GAの基本的な使い方(R編)¶

GAのモードは3種類あります。
“real-valued”, “binary”, “permutation”の ...

最適化 / メタヒューリスティック

ここでは、GAの中身はわかっているとして、R言語の’GA’というライブラリの使い方をやっていこうと思います。

Rでは、GAというパッケージを使います。Rをターミナルで開いて、でインストールしましょう。 R ...