最適化 / メタヒューリスティック

GAの基本的な使い方(R編)¶

GAのモードは3種類あります。
“real-valued”, “binary”, “permutation”の ...

最適化 / メタヒューリスティック

ここでは、GAの中身はわかっているとして、R言語の’GA’というライブラリの使い方をやっていこうと思います。

Rでは、GAというパッケージを使います。Rをターミナルで開いて、でインストールしましょう。 R ...

最適化 / メタヒューリスティック

最適化計算の代表的なものに遺伝的アルゴリズム(Genetic Algorithms)というものがある。遺伝的な進化からヒントを得た方法で、計算コストは高めだが、適用できる問題が非常に多く、そして局所解に陥りにくい。かなり優れた方法であるのに ...

非圧縮性流体

空間の離散化はやったが、時間項の離散化はまだだったので、解説していきます。

簡単の為に、1次元熱拡散方程式で考えていきます。1次元は下のようになるのでした。

$$
\begin{align}
& ...

非圧縮性流体

いろいろな近似方法について

これまで、Taylor展開を使って、微分を差分にして、微分方程式を解いてみようというアプローチでやってきましたが、この方法を「有限差分法による離散化近似」といいます。もちろんのことですが、有限差 ...

非圧縮性流体

2階微分の差分近似

まず、前回一階微分に対してしかやっていなかったので、2階微分に対しての差分近似から始めます。おなじみNavier-Stocks方程式を見てみると、

$$
\begin{align} ...

形状最適化

Auto Designという分野は知っていますか?

まあ要はパソコンで自動的にパーツとか物をデザインしてやろうという分野なのですが、非常にホットな分野にさらになっていくと思います。

基本は数値解析の逆解析です。 ...

圧縮性流体

圧縮性は流体の専門家を名乗る上で避けては通れない道なので、頑張ります。工業的に重要なのはこっちです。

圧縮性で解くか、非圧縮性で解くかの基準は、温度差30℃以内の熱流体、あらゆる点でマッハ数(流速/音速)0.3以下の流体、 ...